高橋会計事務所
〒651-0087
神戸市中央区御幸通4丁目2番15号・三宮米本ビル5階
TEL/078-291-0631
FAX/078-231-2080


所長プロフィール

2006年04月21日:所長プロフィール

税理士 高橋純子
Junko Takahashi

兵庫県芦屋市に生まれる
神戸女学院中高部・大学卒業
■1978年-1982年
 ヤマハエレクトーン講師
■1981年12月 税理士試験合格
■1982年 2月 税理士登録
■1991年 6月-1993年5月
 近畿税理士会理事
■1999年 6月-2001年5月
 近畿税理士会神戸支部副支部長
■2003年 2月-現在に至る
 高橋会計事務所所長

著書 「女性のための相続税読本」(共著)
趣味 愛犬コリーの散歩と街並みウォッチング、旅行、彫金
好きな言葉 「自由と責任」

メッセージ

当事務所は、昭和26年、前所長 高橋孝太郎が、神戸の地に開業して以来、55年に渡り、関与先のお客様とともに成長し、実質的には10数年前より私 高橋純子が引継ぎ、現在に至っております。
当事務所から巣立っていった税理士は約40名おり、税理士会で活躍している者も数多くおります。
また、小さな企業が上場企業にまで成長していく様を、会計事務所としてサポートさせていただいたこともあります。

平成7年の阪神淡路大震災の時には、三宮駅前にあった当事務所は全壊、所長自宅も全壊状態、そして前所長は入院中という厳しい状況下にあって、被災の少ないスタッフ自宅が事務所代りとなり、1人も欠けることなく全スタッフが一丸となりお客様の安否確認、また税務会計だけでなくあらゆる情報の要となり、お客様の復興に全力を尽くすことができました。私が止めたにも拘らず、崩れ落ちそうな事務所に入り込み、書類やパソコン等を持ち出してくれたスタッフの仕事への熱意と責任感の強さには頭が下がる思いでした。このようなお客様に対する思いと仕事に対する責任感は、新しいスタッフ達にもしっかりと受け継がれているように思います。

最近は、新会計基準、新会社法、それに伴っての税法の改正と、税務会計を根底から揺るがすような大きな改正が続いております。当事務所では、ベテランスタッフそして新しい若手スタッフと、30代40代を中心に豊富な経験を生かしながらお客様に役立つ新しいものをすぐに取り入れていくという、常に柔軟な対応を心がけています。

今や、各税法、各法は日々改正を重ね、実に複雑怪奇きわまりないものとなっています。我が事務所では常に数人のスタッフによる相談や会議を行い、時にはプロジェクトチームを作り、お客様の多様かつ新しいニーズに応えるべく日々研鑽しております。

私の信条

税務行政に対して、自由でありたい。脱税志向の求めに応じないために、関与先からも自由でありたい。さらに各事業者等と企業提携することによるしがらみからも、自由でありたい。また、事務所の目先の利益を追求するのではなく、納税者の権利を守ることを最優先にしていきたい。何からも束縛されない自由な立場で、納税者にとって法に則った最良の提案や指導をすることにより、納税者の権利を擁護する代理人として、お客様からの信頼を得る税理士でありたい。